スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go!プリンセスプリキュア 第50話 「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」

 プリンセスプリキュアもいよいよ最終回。

 前半はクローズとの決戦。
 絶望は夢と背中合わせで、消せない。
 しかし、辛いことがあったからよい事がある。
 
 絶望(辛い事)があるから、夢(良い事)が輝くという事でしょうか。
 クローズも絶望一色に染める事は諦めて、「今は消える」と言って身を引きます。
 
 うん、なかなか良い結論ではないでしょうか。

 
 後半はそれぞれの夢に向かっていく姿が描かれます。
 同時に、役目を終えたキーとパフュームを返す、つまりトワやカナタ達、ホープキングダムの面々とお別れがある。
 
 この辺、注目して観ていました。

 今作は、夢を叶える→それぞれの道を歩む→別れがある。
 という図式をずっと(俺は)意識していたので、後半はこのままお別れで終わるのか、それとも再びホープキングダムと繋がるのか、どういう結論にするのかと思っていました。
 過去作には異世界と通じ合うという作品もありましたが……
 
 プリンセスプリキュアは、別れを選びました。

 俺はこれで良いと思いました。
 悲しいけど、今まで表現してきたことの集大成ですから、その悲しさも受け入れるべき事なんだと。
 で、皆がそれぞれ夢に向かっていく姿が映し出され……ふと思った。

 はるかの夢はどうやって叶えるの?

 プリンセスなんて職業は無いし、はるかの夢だけ叶わないのかな?
 それともグランプリンセスになれたという事実を持って、夢が叶ったとするの?

 ちょっと可哀そうだなと思って観ていましたが、最後の最後にありました。
 大人になったはるかが、夢を持ち続けた事によって現れたキーが。

 ラスト、大人はるかが何かに笑いかけるシーンがありました。
 俺はそれを、大人カナタとキーの力によって再会できたと解釈しました。

 つまり、さらに想像を膨らませて、

 大人になったはるかとカナタは今でも相思相愛(夢を持ち続けた)。
 ↓
 はるかとカナタは結婚。
 ↓
 王族に入ったはるかは、プリンセスになった。

 こう、想像しました。

 プリキュアは恋愛描写はご法度なので、はっきりした事は言えず、単なる推測に過ぎませんが、しかしこれははっきりさせないでむしろいいんじゃないかな。
 俺の推測が正しいとして、ヒロインと男キャラがいちゃいちゃするところなんて見たくねーし(笑)。
 
 
 んで、総括ですが、
 いやあ、プリンセスプリキュアは歴代の中でも良い作品では。
 テーマがブレないところに感心しました。
 今回の最終話も感動したし。いい〆でした。
 良かったです。

 スタッフの皆様、そして視聴者の皆様。
 一年間お疲れ様でした。


スポンサーサイト

Go!プリンセスプリキュア 第49話 「決戦ディスピア!グランプリンセス誕生!」

 ついにグランプリンセスになった四人。
 夢を守る者から、夢の導き手へ。
 おお、カッコいいですねえ。

 グランプリンセスになるために必要なものは何だったのか?
 「夢の導き手」というネーミングから推測するに、ゆいゆいをはじめとする、学園の皆が自らの力でプリキュアを守ろうとした(夢を守ろうとした)、その想いが、プリンセスロッドの破片を鍵に変えた。
 守ってきた皆の夢を自立に導いた事が、グランプリンセスになるために必要なものだったのかな、と思います。

 プリンセスパフュームが変化した扉に向かうはるか達を、皆が力を合わせて守った。
 守られたはるか達が徐々にプリキュアに変身し、扉を開けるとグランプリンセスになれた。

 この過程が、グランプリンセスになる為に必要なものを暗喩しているのかな、とも思います。

 グランプリンセスになるために、はるかは努力をしてきました。
 その、自分の努力と、今回の他人の助力。
 この二つがグランプリンセス(はるかの夢を叶える)ために必要なものだったんでしょうね。
 
 で、グランプリンセスになった四人は、新しい必殺技でディスピアを倒します。
 あっさり倒したな。
 つーか、ディスピアの胸の鍵穴は、グランプリンセスの必殺技を受けるためにあったのか……
 まあ、ディスピアは「絶望そのもの」で、グランプリンセスはそれを退けられる唯一の存在なのだから、そういう演出もアリかもですね。

 あっさりテイストのディスピアとの対決でしたが、これはこれで良かったんじゃないでしょうか。
 地球が荊に覆われるシーンを観たときは、「また宇宙規模?」と思いましたが、杞憂に終わってよかったです(^^;)。


  

Go!プリンセスプリキュア 第48話 「迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!」

 ゆいゆい大活躍の回。

 ノーブル学園に現れたディスピアに、はるか達は皆の前で変身する事を決める。
 変身するはるか達の事情を知るゆいが皆に事情を話す。
「皆の夢を守るために、はるか達は戦っている」
 その後、ゆいゆいと生徒たちは絶望の檻に閉じ込められますが、「自分の夢は自分の力で守る」という意志の強さと、砕けたプリンセスロッドの欠片の助力もあってか、ゆいゆいは自力で檻から脱出します。
 そして、生徒たちに語りかけるゆいゆい。その声が届いたのか、生徒たちも自力で檻から出ます。

 ちょっとこの辺、うるっときた。

「自分の夢は自分で守る」。
 良いですね。夢は自分で叶えるものです。
 しかし、周りの助力も忘れてはいけない。
 夢と周りの力は互助の関係ではありません。あくまで自分が主体です。
 ですが、周りの助力、影響があってこそ、夢に到達できる。
 そういったサポート的な役割を、砕けたロッドの欠片が意味していたのかな、と思います。
 けして、矛盾した表現であったとは思いません。

 シャットが男を見せました。
 変化し、成長する人間に、シャットに何か感ずるところがあったようです。
「ディスピアの呪縛からの解放」
 これは、プリキュアに守られていた生徒たちが、自力で夢を取り戻した流れと同調します。
 
 という事は、プリンセスプリキュアのテーマである「夢」は、「成長、変化」を指し示しているのかな、と思いました。
 今までも、みなみの夢が変化したりとか、そういった話もありましたからね。
 まあ、それは俺の妄想的な推測ですが。
 
 プリンセスプリキュアも佳境に入りました。
 この作品は色々と考えさせられる事が多かったので、どんな風にラストを〆るのか、大変興味があります。
 これから目が離せないですね。


Go!プリンセスプリキュア 第47話 「花のように…!つよくやさしく美しく!」

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 今年も当ブログをよろしくお願いします。

 さて、今年最初のプリキュア。はるか回です。

 花の城の様子がおかしいと見に行ったはるか達。
 そこで、はるかは絵本に出てくる小鳥を見つけます。
 その小鳥につられ、城の中へ入っていくはるか。しかし、それはディスピアの罠。他の仲間たちと分断するという……
 はるかは城の中で、夢のような時間を過ごします。
 夢であった花のプリンセスになって、優雅な時間を過ごす。
 しかし、あっという間に咲く花々を見て、違和感を覚えます。
 そして、罠だという事を看破する。


 仲間と分断する話は前にもありました。
 前は夢を叶えると、皆と散り散りになる話でした。
 つーか、感想記事見返しても、どんな話だったか思い出せない(^^;)
 その時の勢いで更新しているからな、このブログ……

 まあ、それはともかく、

 終わりの無い夢を見ていると指摘されて、「私の夢に終わりはない」と気づくフローラは良かったですね。
 夢に終わりはない。その通りです。
 夢は人生の進むべき標ですが、けして目標ではない。
 ここまでやればOKというものではない。

 夢は、その標にしたがって道を進んでいる事が大事だと思います。
 どこまで到達できるかなんて二の次。
 もちろん、目標は達成すべきものであり、それを否定する訳ではありませんが。

 結局、目的をはき違えているんですよね。
「プリンセスになれなくては意味が無い」

 そうじゃないんです。

「プリンセスになりたいから努力している」
 これが大事なんです。

 好きだから、憧れだからそれになろうと努力している。
 憧れの自分になる事が目的であり、“プリンセス”という記号的なものになりたい訳じゃない。

「強く、優しく、美しく」
 そういう自分でないと、プリンセスになっても逆に意味が無い。
 プリンセスであれば何でもいい訳じゃない。

 極端な言い方をすれば、憧れの自分になれなければ、プリンセスになれなくてもいい。
 なれなくてもいいんです。
 到達できなかったとしても、それは仕方のない事です。

 中身の無い自分になっても仕方ない。

 記号的なものに憧れる人間なら、きっとディスピアの作った偽のプリンセスに満足するんでしょうけど。
 そんなの言うなれば、作家志望で、既刊の小説を丸パクして新人賞に送った、犯罪的な人いましたけど、そういう心の貧しい人間の考え方になってしまいます。
 
 それは夢じゃない。
 中二病的な憧れみたいなものです。

 
 とまあ、そんな事を思いました。


 てゆうか、花の城を取り戻した時、あっというまに城の周囲に花が咲いたけど、あれはなんのギャグだったのだろうか……


 
 
 


Go!プリンセスプリキュア 第46話 「美しい…!?さすらうシャットと雪の城!」

 シャット退場(?)の回。

 来週もシャット回なのかと思いきや、予告では来週ははるかの回でした。
 シャットはあれで終わりなんだろうか? まあ、出番はまたあるだろうけど。

 
 皆で作った雪の城を見て、トワは「自分一人ではできなかった」とつぶやきます。
 いや、中学生であんな短時間じゃ皆集まっても無理だろ。と思いましたが、そこはアニメですからね。多少の事は飲みこみましょう。
 
 トワは、独りだったトワイライト時代とは変わった。
 皆で力を合わせる強さ……「強く、優しく、美しく」の意味を知った。
 そんなところですか。

 トワイライト時代の決め台詞も、そんなに悪いものじゃなかったと思います。解釈の仕方の違いでしかないような……
 でもまあ、確かに独りより大勢の力を合わせて何かを成し遂げる方が、大きな成果は上げられますね。
 
 俺は個人主義なんで、独りでやり遂げるっていうのも否定できないところです。
 何でか自分でも分からないけど、独りでやりたがるんですよね。俺は。
 大勢の力を否定しないけど、独力でやり遂げる何かに惹かれます。
「気高く、尊く、麗しく」。
 いいじゃないですか。独りってのも、そんなに悪くないと思うけどな。

 まあでも、今回の雪の城建設とか、ああいうのは独りでやっていても馬鹿馬鹿しいだけですけどね。
 一人の労力なんてたかが知れていますから。

 んー……何がいいたいのか分からなくなってきた……
 
 とりあえず、シャットには幸せになって欲しいものです。
 

プロフィール

PS

Author:PS
四十路のおっさん。
いい歳こいてアニメ観ています。

最新コメント

カウンター

スポンサードリンク

スポンサードリンク2

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。