スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸腹グラフィティ 第12話 最終話 「しみしみ、むぎゅっ。」

 最終話。試験合格、中学卒業、そして引っ越しの回。

 話の流れにはひねりはありませんでしたが、始めのブリ大根で、一話目と同様、一緒に食べてくれる存在によって味が増すことを再確認し、引っ越しの場面では、「こんなに多くの人が」。
 これは味だけではなく、リョウの成長を表したものだと思います。
 もちろん、きりんの存在も大きい。二人で歩んだ結果。
 そこは、二人一緒にユキを誘いにいくところに感じられます。

 料理は、刺身や手羽先が出てくるかと思いきや、ブリ大根だけ。最後の方にエビカツサンドときりん母の、例の野菜たっぷりの野菜炒めが出てきますが、あれはリョウの作ったものじゃない。
 料理ものとしては寂しいですが、でもこれで良かったんでしょうね。
 一話目では味の変化に気づき、きりんが毎週来ることで寂しさもまぎれるという流れでしたが、今回は本当の意味で「寂しさ」も解消され、高校生へと変わっていく、人間が成長していく事を上手く描いていたと思います。

 高校生編も面白そうです。
 漫画、買おうかな……元々漫画代浮かせるためにアニメ視聴してたんだけど(笑)。


スポンサーサイト

幸腹グラフィティ 第11話 ジャキジャキ、ずるるっ。

 インスタントラーメンとカツサンドの回。

 ラーメンも美味そうだったけど、カツサンドいいね。手作りだったら美味いだろうなあ……食いたくなってきた。
 自分の力で推薦合格していたと思っていた椎名が、カツサンドで応援されていた事を悟る流れは良かった。
 しかしカツサンド美味そうだったな。



幸腹グラフィティ 第10話「はもはも、みちちっ。」

 先週分。ようやく消化しました。

 アバンの、ピザの上ではしゃぐユキに少しイラッとしましたが、なかなか良い話でした。
 つーか、ピザいいね。食いたい。あーやばい食いたくなってきた(笑)。

 春からの新生活にナーバスになるきりん、そしてユキ。あー分かる分かる。俺も不安がる性格だから。
 だからこそ、落ちをどうつけるか興味深々で観ていましたが、腹が膨れると笑顔になる、大食いで乗り切る、だと(笑)。
 なんだそりゃ。まあ、この作品はグルメものとして観ているから、食べ物が美味そうであれば別にいいけど。

 新キャラ、内木ユキも出てきてなかなか面白かった。ユキは学校の先生かな?
 次の回も楽しみです。


幸腹グラフィティ 第9話「グツグツ、へは……。」

 一週遅れで第9話の感想です。
 
 おでんとそば、甘酒の回。
 そばが美味そうだったな。おでんは凄い美味いと思った事が無いのでそれほどそそられなかった。甘酒に至っては、飲んだ記憶もないし。

 話は、リョウときりんが出会って一年という事を、思い出の場所、鍋なんかを使って描き出していました。
 舞台は冬ですが、ほんわかと暖かくなる話でした。

 あと、リョウときりんの百合要素。
 これは俺的にはアリです(笑)。もっとやって欲しい。





プロフィール

PS

Author:PS
四十路のおっさん。
いい歳こいてアニメ観ています。

最新コメント

カウンター

スポンサードリンク

スポンサードリンク2

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。