スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響け!ユーフォニアム 第13話 最終話「さよならコンクール」

 最終話。

 うん、よかったですね。
 前回の熱い久美子が普通に戻ってて、「例の部分は出来るようになったのかな?」と思っていたら、普通に出来るようになった後の展開でした。
 しかし、これはこれで良かったです。下手に引っ張るよりずっといい。
 それと、ハラハラしながら観れました。ちゃんと演奏できるかどうか、と。
 うん、こっちの方がいいです。

 作中で、「低音パートだよ」と出てきますが、二度観たけどちゃんと音を出せていたのか分からなかった(^^;)
 他の楽器の音が混ざると分からないものですね。
 
 結果は金賞。そして全国へ。
 
 れいな久美子の手握り過ぎ(笑)。
 
 感動的な、良いラストでした。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

響け!ユーフォニアム 第12話「わたしのユーフォニアム」

 久美子挫折の回。

 冷めたところのある久美子が、ようやく熱を帯びてきたというか、ようやく主人公らしくなってきたというか。
 結局、久美子は自分で自分を分かっていなかったんでしょうね。

 音楽を続ける理由。
 ユーフォが好きだから。
 だから誰にも負けたくない。

 そこら辺を、周りの人の絡みもあってようやく気付いた。
 
 ただ漫然とやってあそこまで上手くなれるのは逆に凄いと思いますが、しかしそこが分かっていないとやる意味がない。
 そこに気づいたのは久美子にとって、大きな意味を持つと思います。

「好きって結局そんなもの」

 父と同じ仕事をするとは思ってもいなかった滝先生に、漫然とユーフォを続けてきた久美子が共感するシーン。
 確かにそんなものだと思います。
 好きはそれでいい。
 そこから、「特別」になれるか。
 久美子はようやくスタートラインに立ったんだと思います。
「特別」という、輝く人間目指して。

 そこに到達できるかどうか、次回が楽しみです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




響け!ユーフォニアム 第11話「おかえりオーディション」

 再オーディション、そして愛の告白(笑)の回。

 再オーディションに向けて、優子の邪魔、そしていざみんなで聞いてみると、れいなの方がやっぱり上手かったという、予定調和的な回ですが、そこに各人の感情を絡め、非常に響ユー(何この略し方)らしい回になっていました。

 ぶっちゃけてしまえば、百合要素ですよね。
 この作品は基本シリアスなんで、百合要素も観ていてなんとなく納得というか、こういうのもアリかな、と思ってしまいます。
 特に優子のようなキャラは、こういう展開だと視聴者に嫌われそうですが、結構一途なんで心打たれた人も多いんじゃないかな。イジワルじゃなく、直球で負けてくれと頼むところも好意が持てる。
 てゆうか、一瞬優子、告白しそうでしたよね? モノホンのズーレなんでしょうか(汗)。
 香織は優子にはそれほど関心は無い。むしろあすかに惚れ……じゃなくて、何やら思う所がありそうです。

 逆に、久美子とれいなのカップルは行き過ぎというか、唐突感がありました。
 しっかり愛の告白言ってるし。いつのまにそんな関係に! みたいな。
 この二人にはここまで百合要素は必要だったのだろうか?

 しかし、

 今回のれいなと香織の再オーディションという名の対決。
 これを、愛情の対決と捉えれば、話は変わります。

 優子を受け入れなかった香織と、久美子と愛を交わしたれいな……
 これはもう、どっちが勝者になるのか、火を見るより明らかってやつです。

 まあ、冗談ですが(苦笑)。

 でも、困惑していたれいなの背中を押したと言う意味では、そう的外れでもないかな。

 なかなか面白い回でした。
 次回も楽しみです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



響け!ユーフォニアム 第10話「まっすぐトランペット」

 みんなの心がバラバラになる回。

 前半は久美子の過去、先輩を差し置いてオーディションに受かった話から。
 過去にも同じ事があり、その時はさんざんに罵倒された久美子ですが、今回は良い先輩で助けられた。気にしていた久美子を気遣ってくれた。
 こればかりは実力の世界ですから、仕方ないといえば仕方ないんですが、確かに敗者が慰められても面白くありません。過去の久美子は敗者に声を掛けるべきではなかったのかな、と思います。
 敗者に掛ける言葉は無いってやつです。まあ、回想に出てきた先輩部員も酷過ぎましたが。


 後半はれいなと滝先生が知り合いだと皆が知って、ソロに選ばれたのはひいきじゃないかと心がバラバラになる話。

 これは……滝先生に人望が無さ過ぎるような。まあ、あまり余計な事はしゃべらないような感じなので、余計にそうなのかもしれませんが。
 結局再オーディションを募う展開に。
 今度は皆の前で吹いて決める、と。
 これで、皆に差がはっりきと分かって、ひいきじゃない事を証明する、って展開でしょうか。
 次回が楽しみです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


響け!ユーフォニアム 第9話「おねがいオーディション」

 オーディションの回。

 とりあえず、足を組んだあすか先輩最高でしたね。ハアハア
 葉月の失恋を、自分が背中を押したせいだと悔やむさふぁいあですが、当事者の葉月がさふぁいあを慰めるという展開に。
 まあ、作中でもあったように、長引かせても結果は同じだろうし、切り替えるしかないですよね。まして、相手に好きな相手がいるのならなおさら。どうにもならない。
 ちゃんと気持ちを伝えられただけでも良しとしておかなければ。

 オーディション。
 当選者と落選者が出てきます。
 考えてみれば厳しいやり方ですね。それも後輩に蹴落とされるとか、きついです。
 それはともかく、
 久美子の回想シーンにが気になったな。
 過去にも同じような事があったんでしょうか。先輩を差し置いてメンバーに選ばれたりとか。
 今後明かされていくのかな?


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 

プロフィール

PS

Author:PS
四十路のおっさん。
いい歳こいてアニメ観ています。

最新コメント

カウンター

スポンサードリンク

スポンサードリンク2

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。