スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go!プリンセスプリキュア 第46話 「美しい…!?さすらうシャットと雪の城!」

 シャット退場(?)の回。

 来週もシャット回なのかと思いきや、予告では来週ははるかの回でした。
 シャットはあれで終わりなんだろうか? まあ、出番はまたあるだろうけど。

 
 皆で作った雪の城を見て、トワは「自分一人ではできなかった」とつぶやきます。
 いや、中学生であんな短時間じゃ皆集まっても無理だろ。と思いましたが、そこはアニメですからね。多少の事は飲みこみましょう。
 
 トワは、独りだったトワイライト時代とは変わった。
 皆で力を合わせる強さ……「強く、優しく、美しく」の意味を知った。
 そんなところですか。

 トワイライト時代の決め台詞も、そんなに悪いものじゃなかったと思います。解釈の仕方の違いでしかないような……
 でもまあ、確かに独りより大勢の力を合わせて何かを成し遂げる方が、大きな成果は上げられますね。
 
 俺は個人主義なんで、独りでやり遂げるっていうのも否定できないところです。
 何でか自分でも分からないけど、独りでやりたがるんですよね。俺は。
 大勢の力を否定しないけど、独力でやり遂げる何かに惹かれます。
「気高く、尊く、麗しく」。
 いいじゃないですか。独りってのも、そんなに悪くないと思うけどな。

 まあでも、今回の雪の城建設とか、ああいうのは独りでやっていても馬鹿馬鹿しいだけですけどね。
 一人の労力なんてたかが知れていますから。

 んー……何がいいたいのか分からなくなってきた……
 
 とりあえず、シャットには幸せになって欲しいものです。
 
スポンサーサイト

Go!プリンセスプリキュア 第45話「伝えたい想い!みなみの夢よ大海原へ!」

 やっと観れました。

 さて、夢を言い出せず、悩むみなみん。
 まあ、なかなか言いにくいですよね。俺も家業に入っていた時代があるからよく分かります。

 親というのは、子供にとって足枷なんですよね。
 向こうが期待するのはいいけど、それは向こうがそうなればいいなと思っているだけで、子供には子供の考えがある。
 みなみは小さい頃はまだ夢が生まれてなく、言われるままに海藤家に入る事を夢としていましたが、ここに来て、自分から生まれた本当の夢が出来たんですね。
 そして、それを優しく受け入れてくれる親も立派です。
 ウチの親なんて……
 まあ、それはどうでもいいですね(^^;) 

 まあ、海藤家は長男が家に入っているから、別に女の子のみなみまでいいでしょう。
 大丈夫ですよ。跡継ぎいるんだから、ね。
 

Go!プリンセスプリキュア 第44話 「湧き上がる想い!みなみの本当のキモチ!」

 みなみんの新しい夢の話。

 新しい夢が出来たみなみ。しかし、子供のころの夢も捨てがたく、葛藤します。
 それで、新しい夢を選ぶ訳ですが、来週も続くんですねみなみの夢の話。
 両親にどう話すか、といった内容のようですが……

「どうすべきか、じゃなく、どうしたいか」

 これ、俺もよく友人に言われました。
 やりたくない仕事をしていて、自分のしたい事が出来なかった時、よく言われました。
 分かっていてもなかなかそれが出来ないんですよね。自分の仕事に対する責任もあるし。
 でも、今はその仕事を辞めたんですが、正直辞めて正解。今幸せです。
 今、自分のやりたい事を思いっきりやっています。
 まあ、やっているっていうのは若干語弊があるんですが、まあ、やりたいようにやっています。

 それが楽しくて楽しくて。

 まあ、俺の事はともかく、夢が義務的になってしまってはもう駄目です。
 自分のやりたいようにやらないと。
 何ごとにも縛られない大きな意志。。
 それが夢だと思います。


Go!プリンセスプリキュア 第43話 「一番星のきらら!夢きらめくステージへ!」

 きららの夢が再び繋がる回。

 モデルを休止するつもりのきららの夢を取り戻すべく、学園で自作のファッションショーを開催する。
 何となく、観るのがちょっと気恥ずかしい展開でした(^^;)
 こんなの逆効果だろ、みたいな。
 しかしまあ、きららも他人の心を汲み取れる子だったようでなにより。
 
 切れた夢を他人が手助けして繋げる。
 
 繋がれた夢は、いつか来たる皆との別れになる。

 なんとなくこの流れが印象的でした。
 夢を叶えるという事は、独り立ちする事。
 そりゃそうです。半人前は周りが色々してくれるかもしれませんが、一人前になると、自分が全て。
 自分の道は自分が作る。
 それがどんな職業でも、そうであるのが一人前の人間ってものです。
 
 プリンセスプリキュアはこういう精神的な面でぐいぐいきますね。
 プリキュアのターゲットは幼女ですが、そういう子らに、結構心に残る作品になるのではないでしょうか。
 俺はこの作品の表現は問題ない、と思いますが、世間的にはどうなんだろう?
 ちょっと気になります。

プロフィール

PS

Author:PS
四十路のおっさん。
いい歳こいてアニメ観ています。

最新コメント

カウンター

スポンサードリンク

スポンサードリンク2

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。