スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法つかいプリキュア! 第8話「魔法のほうきでGO!ペガサス親子を救え!」

 今回の課題は、箒に乗ってペガサスを追って、記念撮影するというもの。

 颯爽と箒に乗ってペガサスを追うみらいですが、まだ飛べません。
 墜落した穴の下には、子供ペガサスが怪我をしています。
 どうしようとおろおろしている時、モフルンが甘い匂いに誘われて森の奥へ。
 そこには、甘い匂いを出す花の絨毯。その中央には大きな花がありました。
 その花は、怪我を治す癒しの花。
 みらいはその花を摘んで、子供ペガサスの怪我を治します。
 そこへ現れた母親ペガサスは喜んで涙を流します。
 すると、大きな花からはピンクトルマリンのリンクルストーンが現れました。
 しかし、その力に引き寄せられたスパルダと対戦する事に……

 といった流れ。

 とんとん拍子でリンクルストーンが集まっていますね。
 補習授業の回で結構集まりそうな気配です。
 来週で補習は終わり。
 その後はナシマホウ界に戻って話が進んでいくのでしょうか。 
 
 正直、魔法界での話は、最初は目新しくて面白かったものの、最近は食傷気味です。
 なんというか、プリキュアらしさが薄れているような……
 プリキュアの面白いところは、日常の幸せや、個々の夢、希望を表現したところだと思っているので。
 舞台が魔法界という非日常の場所だと、なかなかそこが感情移入しづらいですね。

 まあ、個人的にそう思っているだけですが。

 それに、魔法界の回は、魔法つかいプリキュアのテーマの一つの「ワクワク」を表現しようとしているんだと思います。
 そう考えると、それはそれでいいんだろうと思います。

スポンサーサイト

魔法つかいプリキュア! 第7話「人魚の里の魔法!よみがえるサファイアの想い!」

 今回は海の中の町で、人魚のロレッタ先生が講師です。
 貝の口を開かせるという試験ですが、この貝は力づくでは開きません。
 心の声を聴かせればいい、というなんともアバウトなヒント。
 結局、みらいとリコの愛(友情?)に、貝は口を開きます。
 町に伝わる大きな貝も口を開き、中からサファイアが出現。

 そして、サファイアゲット。
 変身し、敵を撃破します。

 とまあ、こんな感じですね。

 今回はこんな感想で終わりにします。
 リアルタイムで見たんですが、日曜は色々と忙しく、今日は休みだけど、早起きしすぎてぼーっとしています。
 所用もいくつかあったしね。

 つーか、最近朝の四時ごろから起きています。
 早起きの分、早く寝ているので睡眠時間は十分取れているんですが、何か頭がぼーっとしてすっきりしません。
 人間、睡眠時間が取れていても、それだけじゃダメなようです。

 今もすでに眠いのですが、もう少し起きていないと、また四時起きだな……
 頑張って起きていよう。

魔法つかいプリキュア! 第6話「特訓!魔法の杖!先生はリコのお姉ちゃん!?」

 リコのコンプレックスの元、姉のリズが今回の講師。
 リコはリズに負けまいと、姉が見本に見せたのと同じ魔法を使おうとするが、上手くいかない。
 そこで授業を抜け出し、みらいがそれを追う。
 みらいはリコから、優秀な姉がコンプレックスになっている事を知る。
 元々ペンダントも姉から譲り受けたもの。
 魔法が上手く使えないのなら、代々家に伝わるペンダントも、優秀な姉が持つべき。プリキュアも……
 と言ったところで、みらいはリコじゃないと嫌だと言います。
 ここら辺、熱かったですね。
 
 戦闘シーンでは、アクアマリンの力が発揮されました。
 水を凍らせる力のようです。

 敵にやられた姉を助けて、授業に復帰するリコ。
 そこで、今度はペンダントの水の像を作ろうとします。
 形が崩れそうになった時、アクアマリンが反応して、水を凍らせます。
 リズ曰く、凍らせる魔法は難しい、とのこと。
 
 リンクルストーンが増えると、使える魔法も増えるのかな?

 ラストは、ペンダントはリコが魔法の杖を授かった時、一緒に反応していた。
 プリキュアの素質があるのはリコだったという話でした。



 こういった流れ。

 優秀な身内がいると、自分も優秀ならばいいけど、劣等生だとコンプレックスになってしまう……
 まあ、そうでしょうね。
 俺はそういう立場になった事はないんで分かりませんが、どうしても背伸びをしてしまうんでしょうね。
 少しずつ、できる事からやっていくのが良いのだと思います。
 まあ、それで追いつけるかどうかは分かりませんが、とりあえず少しでも出来るようにならないと、自分に自信がつかないだろうし。
 とりあえずリコは素質はあるみたいなんで、基礎からじっくり覚えていけば良いと、リズは考えているんでしょうね。
 

魔法つかいプリキュア! 第5話「氷の島ですれ違い!?魔法がつなぐ友情!」

 喧嘩回。

 しょっぱなからリンクルスマホンに吹いた。
 なんちゅーネーミングや(笑)。

 雪が積もり、氷を吹く火山のある島、ひゃっこい島での試験。
 魔法のやかんでお湯を沸かすという試験ですが、通常だと簡単に沸かせる魔法のやかんも、寒い中では集中力も途切れがちになり、上手くいきません。
 そこで、リコは根性で乗り切ろうとしますが、みらいを中心に他の生徒はおしくらまんじゅうをして、身体を温めます。
 そして、リコを除くメンバーが成功。
 リコとみらいは二人で一組なので、みらいが成功したのでクリアのスタンプは貰えたんですが……

 プライドの高いリコは、ああいう方法で成功して、なおかつ成功できなかったリコに対して無邪気にはしゃぐみらいに腹を立てます。
 まあ、正直言って、あの方法で成功してもいいのなら、最初からもっと厚着してくれば……と少し思った。
 
 で、険悪な中、甘い匂いを嗅ぎつけたモフルンと、リンクルストーンを探しにいきます。
 そこで、嵐に遭遇し、雪の穴で休憩します。
 そこでみらいはしもやけになるほど頑張ったリコに気づき、素直に謝ります。
 リコも、そんなみらいに謝ります。
 そして、おしくらまんじゅうをして温まっていると、空は晴れ、オーロラが浮かびます。
 そのうちの一つが弾けて、中からリンクルストーンが現れました。

 といった流れです。

 指はしもやけになるほど寒いのに、生脚は大丈夫かいな、と思ったりしましたが、そこはどうでもいいところですね。
 みらいの、相手を察してやれる性格が出てきました。
 天真爛漫な反面、相手を気遣えないのかな、と思いきや、細やかな所に気づいてあげられる性格のようです。

 リコは……もう狙っているんでしょうか(笑)。
 みらいの名前を呼んだのに、赤くなって「呼んでない」と言い張ったりとか。
 もちろん最後はデレるんですが(笑)。

 ラストはお約束の、お互い名前で呼び合う仲になりました。
 頬を染めて「みらい」と呼ぶリコがもう(笑)。

 今回でアクアマリンのリンクルストーンをゲット。
 本の妖精も少し成長しました。



プロフィール

PS

Author:PS
四十路のおっさん。
いい歳こいてアニメ観ています。

最新コメント

カウンター

スポンサードリンク

スポンサードリンク2

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。