スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響け!ユーフォニアム 第11話「おかえりオーディション」

 再オーディション、そして愛の告白(笑)の回。

 再オーディションに向けて、優子の邪魔、そしていざみんなで聞いてみると、れいなの方がやっぱり上手かったという、予定調和的な回ですが、そこに各人の感情を絡め、非常に響ユー(何この略し方)らしい回になっていました。

 ぶっちゃけてしまえば、百合要素ですよね。
 この作品は基本シリアスなんで、百合要素も観ていてなんとなく納得というか、こういうのもアリかな、と思ってしまいます。
 特に優子のようなキャラは、こういう展開だと視聴者に嫌われそうですが、結構一途なんで心打たれた人も多いんじゃないかな。イジワルじゃなく、直球で負けてくれと頼むところも好意が持てる。
 てゆうか、一瞬優子、告白しそうでしたよね? モノホンのズーレなんでしょうか(汗)。
 香織は優子にはそれほど関心は無い。むしろあすかに惚れ……じゃなくて、何やら思う所がありそうです。

 逆に、久美子とれいなのカップルは行き過ぎというか、唐突感がありました。
 しっかり愛の告白言ってるし。いつのまにそんな関係に! みたいな。
 この二人にはここまで百合要素は必要だったのだろうか?

 しかし、

 今回のれいなと香織の再オーディションという名の対決。
 これを、愛情の対決と捉えれば、話は変わります。

 優子を受け入れなかった香織と、久美子と愛を交わしたれいな……
 これはもう、どっちが勝者になるのか、火を見るより明らかってやつです。

 まあ、冗談ですが(苦笑)。

 でも、困惑していたれいなの背中を押したと言う意味では、そう的外れでもないかな。

 なかなか面白い回でした。
 次回も楽しみです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

PS

Author:PS
四十路のおっさん。
いい歳こいてアニメ観ています。

最新コメント

カウンター

スポンサードリンク

スポンサードリンク2

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。